直線上に配置
  「中小企業の会計に関する指針」とは

 「中小企業会計に関する指針」(以下本指針といいます)とは、中小企業が、計算書類の作成に当たり、よりどころとすることが望ましい会計処理や注記等を示すものです。
 株式会社は、会社法により、計算書類の作成が義務付けられています。このため、中小企業は、本指針により計算書類を作成することが推奨されています。
 以上から、本指針は、一定の水準を保ったものとされています。
 実務においても金融機関から融資を受ける場合、本指針に基づいて計算書類を作成されたか否かを確認するために、「中小企業会計に関する指針」の適用に関するチェックリストの作成を関与税理士に求める例が多いようです。この場合金融機関は決算書の信頼性が高まることにより金利について優遇するケースが多々あります。これは一つの大きなメリットといえます。

本指針が適用される会社は、以下の会社を除く株式会社です。

@金融商品取引法の適用を受ける会社並びにその子会社及び関連会社
A会計監査人を設置する会社及びその子会社

 なお、特例有限会社、合名会社又は合同会社についても、本指針に拠るることが推奨されるとしています。

 より詳しく知りたい方は下記の中小企業庁のサイトをご覧ください。

  
中小企業の会計に関する指針(中小指針)とは


  中小企業の会計に関する基本要領(中小会計要領)」とは

 「中小企業会計に関する指針」が適用される会社よりも経理人員が少なく、高度な会計処理に対応できる十分な能力や経理体制をもっていない、より小規模な会社に適用が望ましい基準です。
 特徴としては国際会計基準のから距離を置き、例えば有価証券の期末評価方法としても取得原価を原則的な処理方法としているなど簡便的な処理方法を採用しています。
 

「中小会計要領」の策定に参画した中小企業、金融機関、税理士、公認会計士の各関係団体などと、中小企業庁や金融庁が連携し、一丸となって普及・活用を進めています。活用における支援策においては以下のサイトをご覧ください。

 「中小会計要領」の活用に対する支援策」

 
より詳しく知りたい方は下記の中小企業庁のサイトをご覧ください。

 
中小企業の会計に関する基本要領中小会計要領)とは



直線上に配置